6時間ぴったり働いたら休憩時間は何分なのか

6時間ちょうど働いたら休憩時間は何分なのでしょうか?その答えは、労働基準法だと休憩時間は与えなくていいということになっています。

でもその6時間を超えると休憩が45分必要になってきます。

この記事ではそんな労働基準法上の法律で決まった法定の休憩時間について表と具体例でわかりやすく解説してみました。

社労士ゆち
私が以前サラリーマンをしていた時は

休憩時間自体が間違っていたり、忙しい時は休憩がない、また仕事をしながら休憩なんてことが多々ありました。

これは会社側も休憩についての法律をちゃんと理解していなかったし、そもそも自分も知らなかったのでそれが当たり前だと思っていたんですよね

そしてしっかり休憩を取れないことで毎日へとへとになりながら働いていました。

今思えばこんな効率の悪い働き方は無いよなーと思います。

ただ法定の休憩についてのルールはとても簡単なのでこの記事を通して理解して、職場でその知識を生かして頂けたら頂けたら幸いです。

社労士ゆち
それでは解説を始めます!

もくじ(ワンクリックで一発ジャンプ)

労働基準法上の休憩時間早見表

まずは労働基準法には休憩時間についてどのように書いているのでしょうか?実際の条文がこちらです。

労働基準法34条

使用者は、労働時間が6時間を超える場合においては少なくとも45分、8時間を超える場合においては少なくとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。

引用: 電子政府の総合窓口 e-Gov[イーガブ]、労働基準法、34条休憩

一見簡単に理解できそうに見えますが

注意点として、上の条文の中に出てくる超えるはその数字を含みません

社労士ゆち
条文や文字だけだとわかりにくいと思うので表にしてみました。

ちなみに、休憩時間は労働時間に入らず賃金も発生しません。

労働時間が

6時間ちょうど(以内)休憩はいらない
6時間超え~8時間ちょうど(以内)45分
8時間超え1時間

一般的なサラリーマンの場合は8時間労働が多いと思うのですが、法律通りだと45分の休憩でいいんですね、ただし残業して8時間を超えると1時間の休憩が必要になるので

休憩を1時間と設定する会社がほとんどだと思います。

そして当たり前ですが、この休憩時間は労働基準法で決められた会社が働く人に与えなければならない休憩時間ですので、忙しいから!なんて理由で与えないことは法律に違反していることになります。

社労士ゆち
そもそも休憩無しだとホント辛いですよね、休みなしだと仕事の効率も悪くなるし

休憩がないよ!なんて会社は早急に改善策を考えた方がいいと思います。

休憩時間の具体例

先程の説明でほとんどの方が理解できたと思いますが、この章ではもっと具体的に何時間働いたら何分休憩が必要なのか設問形式で説明してみました。

社労士ゆち
休憩は必要?必要なら何分?

①9:00~14:00まで働いているケース

これは労働時間が5時間なので、6時間以内は休憩が必要ないため与える必要はありません

②9:00~15:00まで働いているケース

これは労働時間が6時間ちょうどということで、6時間以内なので休憩は不要です。ただし残業をする場合は6時間を超えちゃうので45分の休憩が必要になります。

③6時間30分働いた

もうお分かりかと思いますが、6時間を超えているので45分の休憩が必要

④8時間働いた

8時間ちょうどなので45分の休憩

⑤8時間30分働いた

8時間を超えているので1時間の休憩です。

参考HP

厚生労働省、労働時間・休憩・休日関係

厚生労働省、休憩時間は法律で決まっていますか?

それでは以上で終わります。