WordPress5.0の新エディターをプラグインで元に戻してみた

ワードプレス、新エディターから旧エディターへ
スポンサーリンク

今回この記事では、ワードプレスの新しいエディターであるGutenbergをプラグインを使用して旧エディターに戻した話です。

というのも、朝何気なしにワードプレスを開いたら、バージョン5.0へのアップロードへの案内があったので何も調べもせずにバージョンアップしてしまいました。

すると驚くことに、なんか投稿画面が違ってる・・

ワードプレス、新エディターの記事投稿画面 ワードプレス、新エディターの管理画面を動かしてみた

調べてみると、ワードプレスのバージョン5.0からは、記事の投稿がGutenbergという新しいエディターになったらしい

しかもなぜかメニューは英語だし、そしていじってみても凄い使いにくい

そして極めつけは、当ブログで使用しているストークの公式サイトを覗いてみると、ワードプレス5.0へのアップデートは出来るなら様子をみた方がいいよ、という記事がアップされていました。

WordPress5.0へのバージョンアップについて、OPEN CAGE

社労士オザワ
いやいや、もうとっくにアップデートしちゃったよ!

ただ、なにやらこの新しいエディターを元に戻せるプラグインがあるとのことで、これを元に戻すべくプラグインをインストールして使ってみました。

 

このプラグインの名前はClassic Editorというものです。名前をコピーして探せばすぐ出てくると思います。

Classic-Editorを追加する

そして、このプラグインをインストール

Classic-Editorを有効化する Classic-Editorの設定

有効化する前に、設定画面を見てみましたが、そのままで大丈夫でした。

ちなみに、Classic Editorが旧バージョンのエディターでブロックエディターが新しいバージョンですね

そして実際にClassic Editorを有効化してみると

Classic-Editor使用時の投稿一覧画面 Classic-Editorとブロックエディター

投稿一覧の画面ではデフォルトでClassic Editorに、そしてカーソルを投稿記事の所に合わせると、下の画像のように

Classic Editorとブロックエディターのどちらかを選べるようになっていました。

そして記事の投稿画面も

Classic-Editor有効後の投稿記事画面
社労士オザワ
元に戻って良かったー!そして今の所プラグインを追加してから新しい記事も書きましたが、特に不具合は無く

以前と同じように使えています。

 

また新しいエディターもプラグインのおかげで記事ごとに選択すれば使えるという事で、テスト記事を作って確認すると

Classic-Editor有効後、ブロックエディターの投稿記事画面

最初にワードプレスをアップデートした時は、投稿画面内新しいエディターは何故か英語表記しかありませんでしたが

このプラグインのおかげで、全て日本語に変わっていました。

 

最後に、やっぱりワードプレスを更新する時は事前に色々調べてからにした方がいいですね。当ブログでは何も起こらなかったのでよかったですけど・・

参考HP:WordPress 5.0 “ベボ”/WORD PRESS.ORG

それでは以上で終わります。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

社労士オザワ

2017年6月に都内で社会保険労務士の登録をしました。 現在非開業、その他登録の社労士です。 このブログでは、労働関係の法律についての知識や 自身の体験を元に、労務管理の情報を発信しています。