士業がワードプレスでブログを半年更新したらどうなったのか

社労士ブログ運営報告
スポンサーリンク

2018年4月に開設したこのブログ、内容は労働基準法を中心とした労働関係の法律の話題を中心に記事を書いています。

そんな私ですが、他の方の書いたブログ運営の記事が好きで検索して探してはよく読んでるんですよねー

そこで、ブログ運営者以外の方には興味がないかもしれませんが、ワードプレスで士業(社労士)が半年ブログを運営してみてどうだったの?

ということについて、月々の数字と半年ブログを運用してみてわかったことについても書いていきます。

社労士オザワ
以下の数字はあくまでもおおまかな数字になります。

1か月ごとのブログの状況

それでは1か月ごとのブログ1日当たりの訪問者と、運用してみての感想を載せていきたいと思います。

2018年4月、1ヶ月目

  • 記事数    5記事
  • 1日の訪問者  0人

ワードプレスは陸の孤島なんて言われていますがこれは本当でした。毎日の訪問者は0で記事をインデックスさせてもなかなか検索に載らない状況

ただ今思い返してみると、記事数も少ないしドメインの評価も低い段階なので当たり前ちゃ当たり前だったかもしれません。

5月、2ヶ月目

  • 記事数    15記事
  • 1日の訪問者  10人位

2ヶ月目になってくるとワードプレスでの記事の書き方にも慣れてきて10記事投稿出来ました。ただこの時点でも

インデックスされても順位は低いままで訪問者は中々増えず、検索に引っかかる記事の書き方がわからず検索でSEOなんて言葉を打って勉強し始めました。

6月、3ヶ月目

  • 記事数    25記事
  • 1日の訪問者  30人位

ここでやっと初期に投稿した記事の順位が上がりだして中には1ページ目に検索すると出てくるものも出始めました。

ただブログ運営3ヶ月目、なんて言葉で検索するとやれ1万PVを超えたとか凄い数字が出てきたりしたのでモチベーションが下がってきた時期でもありました。

7月、4ヶ月目

  • 記事数       35記事
  • 1日の訪問者数    80人位

ここでなぜか6月にウェブマスターツールに登録したbing経由での検索が増えてきました。

というかただサイトを登録しただけなんですけどね、グーグルでは検索順位が低い記事でもbingでは上位に出たりとかなり助けられました。

8月、5ヶ月目

  • 記事数     40記事
  • 1日の訪問者数  250人位

この頃から継続してグーグル経由でも訪問者が多くなり、アクセスが安定してきました。

その理由は過去記事の見直しと、新しい法改正情報の記事を書いたことです。

過去記事の見直しでは、またこの記事の後半でも具体的に書きますが、今までタイトルを適当に書いていて

これを全ての記事で見直しました。

そして法改正情報は効果大でした。やっぱり既存の話題だと記事ごとのライバルが多くてなかなか検索上位になるのが難しいんですよね

でも法改正情報だと新しい話題になるのでインデックス少しすると検索上位になったりしました。

9月、6ヶ月目

  • 記事数     45記事
  • 1日の訪問者数  300人位

9月は8月と変わらず、過去記事の見直しと最新情報を意識して更新しました。

10月、7ヶ月目

  • 記事数     30記事
  • 1日の訪問者数  400人位

実は7月からグーグルアドセンスの審査に挑戦していて数回不合格になっています。違反項目はポリシー違反

そこで10月はブラック企業ネタや、今見直すと中身の無いだろう記事15記事をすべて削除しました。しかしそれでも審査に合格できず・・

10月はやる気が失せてブログは放置していました。

社労士オザワ
中には1万文字を超える記事もあったのですが、やっぱりブラック企業の体験談は

業界批判的なものになってしまうので泣く泣く削除

ただそんな中で久しぶりにブログのアクセスをチェックしてみたらビックリ、なぜか最新の訪問者数が1日1000人を超えていたからです。

まあ超えたのはその1日だけでしたが、記事を削除したにも関わらず訪問者は減るどころか増え続けていました。

そこで、見てくれる人も増えてきてるしこのまま放置するのはもったいないなということで、景気づけに11月の1日に2記事更新してアドセンス審査を申請

もちろん落ちましたがまたブログを再開することにしました。

半年ワードプレスでブログを運営してわかったこと

それではここからは士業がワードプレスを半年運営してみてわかったことをまとめていきます。

ワードプレスは初期に訪問者が少なくても気にしない

新しいドメインを使ってワードプレスでブログを始めると最初の数か月はなかなかアクセスを集められません。

実際今では、サーチコンソールを使って新しい記事をインデックスさせるとすぐ検索に載り、競合が少ないワードだとすぐ1位になったりするんですが

初期だとドメイン自体の評価が低いのか検索に載らなかったり、順位は低いままです。ただそれから数か月ブログを更新し続けることで

昔の記事の順位が徐々に上がってきてアクセスが増えることがありました。

なのでワードプレスではブログ開始初期はアクセスは気にせず、そういうもんだと考えて更新することをおススメします。

ネットでワードプレス、ブログ運営報告なんて言葉で検索すると、他のブログの訪問者の推移などがわかる記事もあるので

ほんとにアクセスが増えるの?なんて思っている方はそんな記事を見て研究してみるのもいいかもしれません。

ブログのタイトルはホント重要

ブログを始めた当初はタイトルなんて気にしないで自分がカッコいいな!なんて思うものを適当に付けていました。

ただこれは考えると当たり前なんですが、検索エンジンで検索する人のことを全く考えてない愚行でした。

そこで私は

関連キーワード取得ツールこんなツールを使って、記事にしようとしているキーワードを検索して

②その後出てきたワードごとにグーグル広告に登録すると使えるキーワードプランナーというツールを使ってグーグルでの検索数を調べる

③そしてある程度需要がありそうなワードをグーグルで、allintitle:検索したいワードで検索するとそのワードが含まれた記事だけが出てくるので

そこで競合の少ないワードを中心に記事を作成することで上位表示が比較的簡単に出来るようになりました。

もっと具体的に説明すると

私が書いたこの記事労働基準法をわかりやすく解説!目的や内容、法違反の結末まででは

①関連キーワード取得ツールで労働基準法についての関連ワードの一覧を出してみる

②出てきたワードを1つ1つキーワードプランナーで調べる

③出てきたワードでそこそこ需要のありそうなワードをallintitleでグーグル検索してみる

この事例では労働基準法、わかりやすくというワードがそこそこ需要があり、allintitleで検索してみても競合記事が少なく

上位表示が可能な確率が高いのでこのタイトルで記事を書くことにしました。

結果、労働基準法、わかりやすくで検索すると2位に表示されある程度毎日検索での流入がある記事を作ることが出来ました。

アドセンスには早めに登録しておこう

私は35記事の時点でグーグルアドセンスに申請しましたが、中には1万文字を超えている記事も多数あったため、ポリシー違反を指摘されても

どの記事を修正すればいいのかわからず、結果怪しい記事は削除→それでも受からない→また削除を繰り返してせっかく書いた記事15個を無駄にし

モチベーションが一気に下がりました。

審査に通る記事数は調べてみると色々出てきますが、ブログを育ててからアドセンスを申請しよう!

じゃなくて、ポリシー違反を指摘されても修正可能なブログ初期の段階からアドセンスに申請することをおススメします。

 

それでは以上で終わります。

スポンサーリンク

ABOUTこの記事をかいた人

社労士オザワ

2017年6月に都内で社会保険労務士の登録をしました。 現在非開業、その他登録の社労士です。 このブログでは、労働関係の法律についての知識や 自身の体験を元に、労務管理の情報を発信しています。