社会保険労務士の登録費と年間の維持費まとめ

この記事では社会保険労務士資格の登録費と、年間の維持費について簡潔にまとめています。

社労士ゆち
またわかり難い用語はその都度解説していきます。

社労士資格の登録費用

社会保険労務士は試験に合格したら自動的に社労士の資格保有者になるのではなく、全国社会保険労務士会連合会に登録をして初めて社労士の資格を得ることができます。

まずは登録に関して必要な費用は

登録免許税30,000円
手数料30,000円
社労士会入会金、勤務等30,000円
        開業50,000円
社労士会年会費、勤務等42,000円
        開業96,000円

*社労士会は東京都の金額

社労士の登録に関しては登録費用だけではなくて、自分が住んでいる又は事務所を開業する都道府県の入会金と年会費も1年分最初に払う必要があります。

また勤務等とは、資格を持っているだけのその他登録も含めます。

次に勤務と開業別に登録にかかる費用を合計してみました。

勤務等132,000円
開業206,000円
社労士ゆち
資格だけでも持っておくかーなんて感じで登録できるその他登録でも13万円

気軽に登録できる資格ではないですね

社労士資格の年間の維持費

それでは次に社労士資格の年間の維持費です。

勤務等 年会費42,000円
    政治連盟7,200円
    支部会費支部により異なる
開業  年会費96,000円
    政治連盟7,200円
    支部会費支部により異なる

この政治連盟の会費は任意です。開業なら払ってもいいかもしれませんが、その他登録なってからは私は払っていません。

まとめ、当道府県ごとのHPをチェックしよう

資格保有者として社労士を名乗るには社労士会への登録と年度ごとの会費の支払いが必要です。

この記事では東京都社労士会の年会費を元に金額を出しましたが、都道府県ごとにその費用は違うので気になる方は都道府県ごとのHPをチェックしてみましょう。

それでは以上で終わります。

参考HP

社労士の登録申請について/全国社会保険労務士会連合会

登録・入会について/東京都社会保険労務士会

東京都社会保険労務士政治連盟