ユーキャンで社労士に合格した話、絶賛だけで終わらせない記事

ユーキャンって実際どうなの?

どうも!社会保険労務士のオザワです。

今回の記事は私が2012年の夏にユーキャンの通信講座のみで社労士試験に合格した時の体験談です。

2012年とかなり前の話ですが、社労士試験自体の試験内容やユーキャンの講座自体にも大幅な変更が調べてみると無かったので

社労士を目指している方にはまだまだ参考になると思いますので、よかったら最後まで見てくださいね!

社労士オザワ
こういった合格体験記事だと、ユーキャンを大絶賛して最後はユーキャンの通信講座はこちらから♪

みたいな流れがお決まりですが、この記事では絶賛だけではなくて自分が感じたユーキャンの欠点なんかも示していきたいと思います。

また社労士試験を受けようか迷っている方は、社労士資格を取得する事のメリットやデメリットを書いた記事があるので、よかったら参考にしてください。

社労士資格取得のメリットデメリット、宣伝無しで本音を語る

2018.08.23

 

そもそもユーキャンの社労士講座を選んだ理由

私が社労士試験の勉強を始めたのが合格から1年半前の2011年の1月からです。

そしてそもそもユーキャンの社労士講座を選んだ理由は、最初は独学を考えていましたが、どれくらいの分量をどれだけやればいいのかわからなかったので

実際に試験に合格者を毎年多数輩出しているユーキャンなら、通信講座でも信頼してその講座内のテキストだけで受かるだろう!と思ったからです。

 

まあそれだけなら大手受験予備校の通信講座でもよかったのですが、ネックは費用が高すぎること

その点ユーキャンの社労士講座は月4980円×16カ月と審査不要で分割払いが出来て、価格も安かったので自分はユーキャンの社労士講座を選びました。

ユーキャンの社労士講座は数十万を出せない貧乏人の大きな味方だ!と声を大にして言いたいです。

社労士オザワ
社会人にもなって数十万も出せないなんてヤバくないか?とお思いの方もいるかもしれませんが

地方の中小企業で手取りが15万円の自分にとっては、数十万は出せませんでした。

 

教材を手に取り勉強を開始したが断念

私がユーキャンの教材を手に取り社労士の勉強をスタートしたのが2011年の1月です。

またユーキャンの教材の中核は各教科別の参考書なのですが、最初はその本の読み込みから始めました。

その教材の内容としては、法律の意味から注意点までわかりやすく記載されていたのですが、法律の勉強を初めて行う自分にとっては苦痛でしかなかったです。

 

そしてその苦痛に耐えながら毎日少しづつ教材を読み進めていましたが、全教科の半分を読んだところで耐えかねて勉強をすることを辞めてしまいました。

それがその年の8月です。

そこで思ったことが、基本ユーキャンは映像では無くて本に書いてある文字を読みながら勉強していくのですが、法律初心者の自分にとってはそれがめちゃくちゃキツイということ

社労士オザワ
法律の勉強をしたことがある人は、ユーキャンの講座は必須の内容が簡潔にまとめてあってすぐ理解できるかもしれません

ただ自分みたいな法律なんて全然わかんねーよって人は

高いお金を払っても予備校に通ったり映像で理解できる大手の通信講座で勉強した方が理解は断然早いと思います。

 

考えを改めて勉強を再開

ユーキャン社労士講座での勉強を諦めてから月日が経ち2012年の4月、それでも月々の講座料金を分割で払い続けていたので

いい加減もったいないから今年の夏に試験だから、それまでは頑張ろう!と思って勉強を再開

苦痛でしかなかった教材の読み込みも、全教科を1回転2回転と読み進める内に理解度も増して次第に勉強することが楽しくなっていき

そしてその教材の読み進めと一緒に講座についていた過去問と問題集を並行して取り組みました。また社労士試験は法改正の問題もよく出るので

定期的に送られてくるアシストという雑誌に、法改正情報が詳細に書かれていたのでそれを見て法改正情報を頭に入れました。

 

この4月から8月の試験までの勉強時間は仕事がある平日は1日6時間、土日は16時間ほどひたすら勉強を続けて最終的には全教科の教材を10回転

過去問と問題集は3回転ほどで試験日となり、結果合格しました。

社労士オザワ
この2012年の試験では例年出てくる選択式の難問の内容が、なんとアシストの隅に書かれていた情報と同じことが出ました。

ホントたまたまですが、ユーキャンに救われた形になります。

 

合格してわかったこと

ネットでユーキャンについて調べると、教材の情報量が足りないなんて書かれていることもあって試験当日まで不安でしたが

試験に合格してみてわかったことは、ユーキャンの教材の分量でも十分合格するまでの力を付けることが出来ましたので、教材自体は非常に優れているということです。

ただこれは通信教育だから仕方ないのかもしれませんが、教材をひたすら読むだけなので慣れない人は単調で苦痛に感じるかもしれません

そして内容を理解するのに時間がかかるため効率が悪いです。

 

それに比べて値段は高いですが、予備校に通ったり予備校の映像で授業を受けられる通信講座だと苦痛に感じることなく素早く理解できるのではないでしょうか。

実際に視覚と声で学ぶことと、教材を読み進めるだけの勉強は雲泥の差があります。

ただ事前知識や、法律の勉強をした経験がある場合は教室や映像での授業が逆に時間がかかって非効率になるかもしれないので、自分の状況に合わせて勉強方法を選ぶことをおススメします。

社労士オザワ
ただ、金銭的なことを考えると自分みたいな余裕がない人はユーキャン一択だと思います。

繰り返しになりますが、地方の貧困層には数十万はキツイのです(笑)

 

それでは以上で終わります。最後までお読み頂きありがとうございました!